事業コンセプト

 

  1. 目的
    中部地域の大学及び施設が協働して、社会のニーズに応えた新たな医療技術や医療機器を迅速に開発し、いち早く患者に提供する。もって我が国のみならず人類の健康と平和に貢献することを目的とする。 
  2. 活動内容  
    ・多施設共同による臨床試験の企画、調整、実施及び評価  
    ・共同倫理審査委員会の開催  
    ・先端医療開発に関わる人材の育成  
    ・産学連携による企業とのマッチングと知的財産管理の支援 
  3. 事務局  
    名大病院 先端医療・臨床研究支援センター

 

プロジェクト一覧

Aシリーズ(定義:関連特許出願を目指す基礎研究課題)

管理番号 プロジェクト名 研究代表者 所属機関
1 脂肪由来間葉系幹細胞が作りだす微小環境因子を活用した新規治療法の開発 丸山 彰一 名古屋大学
2 リンパ球を用いた統合失調症および双極性障害の診断キットの開発 尾崎 紀夫 名古屋大学
4 植物由来線維化阻害物質の探索 梅澤 一夫 愛知医科大学
5 肝細胞がんの再発を抑制するがん免疫治療法の開発 金子 周一 金沢大学
6 糖鎖連結光感受性物質による新規光線力学的癌治療法の開発 片岡 洋望 名古屋市立大学
7 第三の多能性幹細胞を用いた心筋再生による心不全治療法開発に関する研究 湊口 信也 岐阜大学
8 ユーイング肉腫に対する核酸医薬の開発 赤尾 幸博 岐阜大学
10 論理的創薬による疾患治療薬の網羅的開発(抗インフルエンザウイルス薬、抗ガン剤、抗老化薬の開発) 桑田 一夫 岐阜大学

Bシリーズ(定義:非臨床POC取得及び治験届出を目指す課題)

管理番号 プロジェクト名 研究代表者 所属機関
1 新規迅速急性腎障害診断法の開発 松尾 清一 名古屋大学
2 尿失禁に対する脂肪組織由来幹細胞治療の開発 後藤 百万 名古屋大学
4 悪性脳腫瘍の抗がん剤耐性分子を標的とする核酸医薬の開発 若林 俊彦 名古屋大学
5 Runx2を活性化する薬剤の骨芽細胞分化能および骨形成能に関する検討 石黒 直樹 名古屋大学
6 サイトメガロウイルス(CMV)感染症に対するウイルス抗原特異的細胞傷害性T細胞を用いた治療法の開発 直江 知樹 名古屋大学
7 タウ凝集阻害剤の創出 高島 明彦 国立長寿医療
研究センター

Cシリーズ(定義:治験又は高度・先進医療等を実施し、臨床でのPOC取得を目指す課題)

管理番号 プロジェクト名 研究代表者 所属機関
1 培養骨髄細胞移植を併用した骨延長術 石黒 直樹 名古屋大学
2 造血細胞移植後難治性ウイルス感染に対するウイルス抗原特異的細胞傷害性T細胞を用いた治療法の開発 小島 勢二 名古屋大学
3 骨髄移植後のステロイド抵抗性GVHDに対する、間葉系幹細胞による新規治療法の安全性と有効性に関する臨床研究 小島 勢二 名古屋大学
5 腫瘍切除等顎骨欠損症例に対する予後QOL向上に向けた顎骨再生医療の最適化研究 上田 実 名古屋大学